ビジネス理科

てんかん薬市場の発展、トップトレンドおよび今後の機会と将来の範囲2027

てんかん薬市場は、2021年末までに55億米ドル近くに達する可能性があります。

市場の成長は、神経障害の発生率の上昇、病気の認識の高まり、新しい抗てんかん薬(AED)の導入、強力な政府の支援およびイニシアチブなどの要因に起因する可能性があります。さらに、研究開発投資の増加と徐放性製剤の発売により、市場の成長がさらに加速すると予想されます。しかし、特許薬の高コスト、特にヨーロッパでの緊縮財政措置の一環としての医療費の削減への懸念、低中所得国での抗てんかん薬へのアクセスの低さは、市場の成長を制限する可能性があります。

Vimpatは、世界のてんかん薬市場の誰もが認める主要な薬です。 2016年の市場シェアは22%近くで、Vimpatは予測期間まで勢いを増すと予想されています。 Keppraは2016年に19%以上のシェアを獲得し、2番目に高い市場シェアを獲得しましたが、この薬の見通しは2018年の特許満了により変化し、2021年までにシェアがXX%に低下します。 2021年までにほぼXX%のシェアを持つ薬剤。Onfiはてんかん薬市場で3番目に高いシェアを保持し、2021年末までにDepakineがそれに続きます。

このプレスリリースは、影響力のあるトレンドによるボリューム、成長を理解するのに役立ちます。 サンプルPDF(完全な目次、表、図を含む)を入手するには、ここをクリックしてください@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/3863

「てんかん薬市場:世界の需要、成長の可能性と機会の見通し2021」というタイトルの調査レポートは、世界のてんかん薬市場の市場、競争力のある風景と傾向を調べます。このレポートは市場データを分析し、世界市場におけるてんかん薬の販売額と需要についての理解を深めます。てんかん薬市場の予測期間の値の面での市場見通しは、レポートで詳しく説明されています。コラボレーション、パートナーシップ、ライセンス契約に関する主要な傾向が詳細に分析されます。レポートはまた成長ドライバーとグローバルエピルペシー薬市場の阻害剤の詳細な説明を探ります。

レポートは、UCB、エーザイ、ファイザー、サノフィ、ルンドベックなどのてんかん薬市場の主要プレーヤーのプロファイルで締めくくられています。主要な市場プレーヤーは、会社の概要や最新の開発、てんかん薬市場の動向など、さまざまなパラメーターで評価されます

レポートでカバーされている重要なトピック

•世界のてんかん薬市場分析(2013 – 2021)
•世界のてんかん薬市場シェア(2013 – 2021)
•世界的なてんかん薬のブランド市場のパフォーマンス(2013 – 2021)
•てんかん薬市場–主要な取引タイプ
•主要企業の分析
•てんかん薬市場の主要な推進力と阻害剤

市場を購入またはカスタマイズするためのチェックアウトのお問い合わせ@ https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/3863/Single

レポートでカバーされている主なてんかん薬は次のとおりです。

1.ビンパット(ラコサミド)
2.ケプラ(レベチラセタム)
3. Briviact(ブリバラセタム)
4.ラミクタール(ラモトリジン)
5. Neurontin(ガバペンチン)
6.デパカイン(バルプロ酸ナトリウム)
7.サブリル(ビガバトリン)
8.オンフィ(クロバザム)
9. Fycompa(ペランパネル)
10.イノベロン/バンゼル(ルフィナミド)
11.ゾーングラン(ゾニサミド)
12.ゼビニックス(酢酸エスリカルバゼピン)

レポートの対象となる主要企業は次のとおりです。

1. UCB
2.エーザイ
3.ファイザー
4.サノフィ
5.ルンドベック

印象的な割引であなたのレポートをつかみなさい! ここをクリックしてください @ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/3863

Tags

Related Articles

Close