健康

どのお茶が健康に良いか、黒か牛乳かを知る

冬でも夏でも誰でもお茶を飲むのが好きです。ほとんどの人の睡眠はお茶で始まります。同時に、多くの人が1日7〜8杯のお茶を飲みます。ほとんどの人はミルク入りのお茶が好きです。フィットネスフリークなので、緑茶、紅茶、またはブラックコーヒーを好む。誰もがお茶を飲みますが、誰もがどのお茶が健康に良いかを知っているわけではありません。だから、どのミルクティーと紅茶か、どちらの飲み物が良いかを知ってください。

ミルクティーが体に有益かどうか

牛乳と砂糖を混ぜるとお茶の特性が低下します。お茶に牛乳を加えると抗酸化成分の活性が低下し、砂糖を加えるとカルシウムが低下します。これは体重を増やし、酸味のリスクを高めます。お茶には乳糖と結合して飲み物を台無しにするタンニンが含まれています。牛乳に含まれるタンパク質はお茶の効能を殺します。その結果、ミルクティーは体に有益であるだけでなく、有害でもあります。

紅茶は体重を減らすことができます

緑茶や紅茶を飲んで体重を減らす人もいます。その中に含まれる特別な要素は、腸に到達することによって非常に効果的になります。これらの要素は、減量と体の健康維持に重要な役割を果たします。紅茶と緑茶の両方にプロバイオティクスが含まれていると考えられており、体内の微生物に対する耐性を高めるのに役立ちます。したがって、そのようなお茶は体にとってより良い飲み物です。

Related Articles

Close