Uncategorized

なぜナノケミカルがバイオテクノロジー分野で重要なのですか?

ナノケミカル市場

世界銀行によると、世界全体で2009年の7,180.0791ドルから2018年には9,290.331ドルに上昇した一人当たりの収入の増加により、人々はラップトップ、デスクトップコンピューター、タブレット、スマートフォン、ビデオゲームコンソールなどの高級品に費やしています。とデジタルカメラ。その結果、半導体・エレクトロニクス業界は前例のない成長を遂げています。高度な家電製品に対する需要の高まりに応えるために、半導体およびコンピューターハードウェア企業は製造プロセスに技術的進歩をもたらしています。

レポートサンプルのダウンロード: https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/nanochemicals-market/report-sample

用語が示すように、ナノ化学物質は、それ自体を洗浄および触媒し、腐食に耐性のあるナノ粒子で作られています。さらに、温度、圧力、湿度への反応など、このような化学物質の特性は、必要に応じて変更できます。半導体・電子産業では、二酸化チタンと酸化亜鉛のナノ粒子が広く使用されています。

過去には、北米が最大のナノケミカル市場でした。新しいテクノロジーがほとんどここで採用されているからです。それからそれは世界の他の部分に到達します。大陸でのナノケミカルの消費は、顔料とインクの需要の増加によって推進されています。アジア太平洋地域では、実業家が従来の材料からナノケミカルに急速にシフトしているため、ナノケミカルの消費が最も急増すると予測されています。さらに、エレクトロニクス、建設、パーソナルケア、製薬、ゴム産業の成長により、この地域でのナノケミカルの使用が増加するでしょう。

続きを読む: https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/nanochemicals-market

Tags

Related Articles

Close