ビジネス世界健康理科

なぜ日本で滅菌技術市場が急成長しているのですか?

P&S Intelligenceのレポートによると、世界の低侵襲手術器具市場は、2016年の287億ドルから、2023年には531億ドルに達すると予測されており、予測期間(2017年)には9.3%のCAGRで進展すると予測されています。 –2023)。

でサンプルページの取得をリクエストする: https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/sterilization-technology-market/report-sample

アプリケーションに基づいて、低侵襲手術器具市場は、泌尿器科、腹腔鏡検査、脳神経外科、心臓血管、眼科、美容整形、産婦人科、および整形外科に分類されます。腹腔鏡部門は過去に市場を支配し、2023年までに市場の25.1%のシェアを占めると予測されています。肥満の急増と減量手術のための腹腔鏡の使用の増加は、カテゴリーの成長をもたらしています。心臓血管部門は、予測期間中に最も速い成長を記録すると予測されています。

レポートを購入する前にお問い合わせください:https://www.psmarketresearch.com/send-enquiry?enquiry-url = sterilization-technology-market

地理的には、慢性疾患の有病率の上昇、老人人口の増加、医療インフラの強化、および外科手術の数の増加により、市場は過去に北米によって主導されていました。アジア太平洋地域は、慢性疾患に苦しむ患者の数が増加しているため、予測期間中に最も速いペースで進行すると予想されます。これに加えて、一人当たりの収入の増加と医療施設の開発も地域領域の成長に貢献しています。

この研究はカバーします
•市場を推進する主な要因と、短期、中期、および長期におけるそれらの影響
•市場の制約と短期、中期、長期の影響
•市場参加者のための最近の傾向と進化する機会
•市場セグメントの過去と現在のサイズ、およびそれらの比較将来の可能性を理解する
•オンデマンドロジスティクスサービスの可能性。市場のプレーヤーは、製品の販売について情報に基づいた意思決定を行います。

Related Articles

Close