Uncategorized

アジア太平洋地域の精密ろ過膜市場は、将来的に繁栄すると予想されます

精密ろ過膜市場

世界の精密ろ過膜市場は2030年までに7,517.38百万ドルの収益を生み出すと予測されており、市場は2020年から2030年の間に9.0%のCAGRを示します。産業廃水処理のための精密ろ過技術の採用の増加、急速に拡大する製薬業界、および成長する技術 食品・飲料業界への統合。

レポートサンプルのダウンロード: https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/membrane-microfiltration-market/report-sample

精密ろ過膜市場の拡大を後押しするもう1つの主要な要因は、産業廃水処理のための精密ろ過法の使用の増加です。 農業廃棄物や産業廃棄物のさまざまな水域への排出は、水質に大きな影響を与えます。 第4回世界水開発報告書によると、2017年には、廃水処理全体の70%近くが高所得国で行われていました。 ごくわずかな廃水処理によって引き起こされる環境悪化は、経済活動と人間の生活に大きな脅威をもたらします。

世界中で、精密ろ過膜市場は今後数年間でアジア太平洋地域で最も速い成長を示すと予測されています。 これは、インド、中国、ベトナム、タイなどのさまざまな発展途上国で淡水の必要量が急速に高まった結果です。 これに加えて、産業廃水の処理に関する地域の国々の政府の支援は、今後数年間で地域の市場成長を後押しすると予測されています。

購入前のお問い合わせ: https://www.psmarketresearch.com/send-enquiry?enquiry-url=membrane-microfiltration-market

材料タイプによる市場細分化
•ポリエーテルスルホン
•ポリプロピレン
•ポリフッ化ビニリデン
•ポリテトラフルオロエチレン
•ポリエーテルエーテルケトン
•ポリイミド
•セルロース
•その他(ポリアクリロニトリルおよびポリエチレン)
ろ過技術による市場細分化
•行き止まりのろ過
•クロスフローろ過
アプリケーションによる市場細分化
•半導体および電子
• 石油ガス
•乳製品
• 食料と飲料
•医薬品
•バイオテクノロジー
•産業廃水処理

Tags

Related Articles

Close