世界

アメリカではコロナの症例が増えており、リスクの高い地域のワクチン接種を受けた人々は再びマスクを着用する必要があります。 コロナリターン:1日に米国で6万件の新しい症例が発生し、ワクチンを接種した人もマスクを着用する必要があります

ワシントン:コロナウイルスの流行の事例は再び勢いを増しています。 感染の増加は、世界の多くの国で登録されています。 特に、リスクの高い地域で両方のワクチンを接種した人はマスクを着用することが義務付けられていることから、アメリカの状況は懸念されています。 このニュースは、ある意味で、コロナがなくなったと思い込み、規則に違反することを習慣にしているすべての人々への警告です。

デルタバリアントはトラブルを増加させました

米国では、コロナウイルスのデルタバリアントが原因で、新しい症例の増加が登録されています。 疾病管理予防センター(CDC)の所長であるRochelle Valenskyは、記者会見中にマスクで下された決定について語った。 この間、ワクチンは効果的であるが、コロナのデルタ変異体のためにさらなる感染のリスクが高まっていると彼は述べた。 したがって、マスクを着用する必要があります。

また読む-コロナとの戦争で見つかった新しい武器:科学者はレーザー装置を準備しました、ウイルスはそれ自体で空中に積み重なる可能性があります

ここでの感染のほとんどのケース

Rochelle Valenskyは、感染率の高い地域では、CDCは、コロナワクチンの両方の用量を服用した人にマスクを着用することを推奨していると述べました。 CDCのデータによると、南米で最も多くの感染が見られています。 しかし、ほとんどの予防接種が行われている北東部など、国のこれらの地域では、地域社会への感染率は限られています。 アメリカでは、1万ルピーあたり100件以上の感染症例が高リスクのカテゴリーに分類されています。

以前、この提案はマスクで与えられました

CDCの調査報告によると、ワクチン接種を受けた人が感染した場合、ウイルス量はワクチンを受けていない人と同じになります。 CDCによると、この研究の後、両方のワクチンを接種した人は他の人にも感染する可能性があると言えます。 5月、CDCは予防接種を受けた人々にマスクを着用しないよう提案しましたが、今ではマスクを着用するよう人々に訴えています。

他の国でも速度​​が向上しました

アメリカでは、過去数日間、コロナの新しい症例が増加しているのが見られました。 Worldometerによると、過去24時間以内にアメリカで6万件を超えるコロナの新規症例が発生し、今では再び1位に達しています。 同様に、世界の他の多くの国では、感染の速度が増加しており、コロナウイルスが以前と同じ状況を再び引き起こす可能性があることを示しています。

Close