Uncategorized

エアレスタイヤ市場:世界中でエキゾチックなフルーティーフレーバーの需要が高まっているため

市場概況:

エアレスタイヤは、非空気入りタイヤとしても知られています。エアレスタイヤは空気圧でサポートされていません。非空気入りタイヤは現在、リサイクル可能なプラスチックまたはゴムで製造されています。独立気泡ポリウレタンフォームで構成されたエアレスタイヤは、自転車や車椅子用にも作られています。これらのタイヤは、一部の小型車両や、乗用芝刈り機、バックホー、電動ゴルフカートなどの重機に使用されています。また、建物の解体など、タイヤのパンクのリスクが高い場所では、エアレスタイヤが必要です。世界のエアレスタイヤ市場は予測期間中に成長すると予想され、2017年のエアレスタイヤの市場規模はXX百万であり、2025年にはXX百万に達し、CAGRはXX%増加すると予想されます。

市場のダイナミクス:

エアレスタイヤは本質的に環境にやさしいです。さらに、耐久性、耐パンク性、堅牢なアプリケーションなどの利点を提供することで、製品の浸透がさらに強化されます。世界中の農業部門に対する政府の注目が高まっているため、農業機械の需要が高まり、エアレスタイヤの生産が増加しています。メーカーは、定期的な技術の進歩により、振動や騒音など、これらのタイヤに関連する課題を克服することに注力しています。

いくつかの利点を備えたサンプルPDFページを今すぐ入手してください!! https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/3215

ただし、過剰な製造コストとその利点に関する認識の低さは、予測期間中の非空気入りタイヤ市場の成長を妨げる可能性があります。摩擦、サスペンション、高速の場合の限られた性能は、エアレスタイヤ市場にさらに悪影響を及ぼします

 

市場のプレーヤー:

エアレスタイヤ市場には、ブリヂストン、グッドイヤータイヤ&ラバー社、ハンコック、ミシュラン、レジリエントテクノロジー、住友ゴム工業、東洋ゴム工業などの業界にサービスを提供する著名なプレーヤーがいます。

市場セグメンテーション:

レポートは、市場の見通しと製品の範囲に基づいています。市場は、製品、車両、タイヤサイズ、材料、販売チャネル、地理学に基づいて分割されます。エアレスタイヤの市場は、世界中でさまざまな形態のアプリケーションに対する需要の高まりによって推進されています。建設、鉱業、農業機械からのエアレスタイヤなどの特殊タイヤの需要の高まりは、2025年末まで世界の自動車用エアレスラジアルタイヤ市場の成長見通しを後押しします。地域に基づいて、市場は北米に分割されます。ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ(MEA)。

製品別の市場:

– 放射状の
-バイアス

車両別の市場:

-軍用車両
-LVC
-HCV
-地形車両
-ユーティリティビークル
-オートバイ

直接購入注文を出す:https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/3215/Single

材料によって分割された市場:

– ゴム
-プラスチック

地域に基づいてセグメント化された市場:

– 北米
• 我ら
•カナダ
•メキシコ
-ヨーロッパ
• イギリス
•ドイツ
•フランス
•その他のヨーロッパ
– アジア太平洋地域
• 中国
• 日本
•インド
•オーストラリア
•その他のアジア太平洋地域
– ラテンアメリカ
• ブラジル
•その他のラテンアメリカ
-中東およびアフリカ(MEA)
• 南アフリカ
• サウジアラビア
•残りのMEA

このレポートの割引を受ける:https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/3215

Tags

Related Articles

Close