世界

クラスで預言者モハメッドの漫画を見せた教師を首をかしげた後、フランスの警察によって撃たれた18歳の男性| 出会いで首をかしげられた人は、アッラー・フー・アクバルについて話すことによって攻撃されました

パリ:フランスのパリでは、教師の頭を抱えている人が出会いで殺されました。 金曜日に、18歳の男性は子供たちに預言者モハメッドの漫画を見せている教師を殺しました。 彼は最初にアッラー・フー・アクバルのスローガンを掲げ、次に教師の喉を絞め殺したと言われています。

テロ攻撃への恐れフランスでは、教師の無慈悲な殺害に対するテロ攻撃の可能性があります。 フランスのエマニュエルマクロン大統領は、それを「テロ攻撃」と表現しています。 彼はテロリストが国の共和国に対して攻撃したと言った。 これらの人々はフランスを分割することができなくなります。 今日、エマニュエル・マクロ大統領自身が亡くなった教師の家に行きます。

警察は警察を逮捕しようとしたが、フランス警察は攻撃者の身元を明らかにしなかったが、彼は18歳のイスラムテロ容疑者であり、モスクワで生まれたと言われている。 警察は攻撃者を逮捕しようとしましたが、降伏する代わりに、警察を脅迫しようとしました。 この後、報復として、彼は警察の弾丸で亡くなりました。

CartoonPerisの学校教師であるSamuelは、表現の自由を子供たちに教えている預言者モハメッドの漫画を見せて、表現のテキストを教えているところを見せられました。攻撃者は非常に怒っていました。 彼はナイフで手を伸ばし、先生の喉を切り、アッラー・フー・アクバルのスローガンを叫びました。

先月、シャルリー・エブドの事務所の外で、パキスタン人男性が先月、シャルリー・エブドの旧事務所の近くでナイフで攻撃され、4人が負傷した。 最近のパリでは、2015年1月7日にシャルリー・エブドの事務所に対する野蛮なテロ攻撃についての公聴会が行われており、これら2回の攻撃の後にセンセーションが広まりました。 2015年に、預言者ムハンマドの漫画を印刷した後、シャルリーエブドの事務所にテロ攻撃があったことをお知らせください。

ライブTV

Related Articles

Close