世界

コロナウイルスは3700万人を極度の貧困に追いやったとゲイツ財団は主張した。 コロナの流行により、3700万人が極度の貧困状態に陥り、回復には時間がかかります:ゲイツ財団

ニューデリー: ビルアンドメリンダゲイツ財団による報告では、コロナの流行(COVID-19のパンデミック)が貧困層の死者を増やしていると主張しています。 このため、3700万人が極度の貧困に追い込まれました。 これらはすでに貧しい人々ですが、伝染病は彼らのために状況を悪化させ、そのため彼らはより貧困のない生活を送ることを余儀なくされています。 途上国はそのような人々の最も多い数を持っています。

レポートには何がありますか? コロナの流行により、世界の発展途上国の3700万人(3700万人)が2000シリング(1日あたり1.9ドル)を稼いでおり、1日あたり約140ルピー未満です。 これは極度の貧困状況です。 低所得国では、1日あたり3.20ドル、つまり1日あたり約240ルピーの収入が貧困ラインの最終ラインと見なされていますが、この数字はインドではさらに低くなっています。 しかし、最も恐ろしいことは、6,800万人、つまり6.8億人がこれを稼ぐことができないことです。

ワクチン接種も昨年に比べて今年は減少した1990年から入手可能なデータによると、今年はワクチン接種が減少しています。 昨年までは、子どもの80%が麻疹やジフテリアなどのワクチンの接種を受けていましたが、2020年にはこの数字が70%に下がり、非常に慎重な状況にあります。 報告によると、ワクチン接種に関して過去25年間に達成した進歩は、わずか25週間で失われました。

コロナが原因で、政府の注意がそらされ、より多くの既存の脅威が無視されています。Bill and Melinda Foundationのレポートによると、世界中の政府は、コロナに完全に集中しているため、既存の健康問題から注目を集めています。 コロナの治療はすべての病院で開始されましたが、危険な疾患の治療は中止されました。

コロナも教育に悪影響を及ぼした教育はコロナのために影響を受けました。 アフリカの低所得国および低中所得国の子どもの53パーセント、およびサハラ以南のアフリカ諸国の子どもの87パーセントは、10歳までに言葉を知らない状態にあります。停止。 そのような子供たちは、10歳までは一般的な言葉さえ読んだり理解したりできません。 これで、コロナによって教育にどれほどのダメージが与えられているかを推測できます。

ビル・ゲイツは何と言いましたか? ビルゲイツ氏はインタビューで、コロナの蔓延により全世界を襲った危機について懸念を表明しました。 彼はコロナのために政府の焦点が変わったと言いました。 全体の重点はコロナとの戦いと命を救うことです。 私たちはこの25週間で多くの分野で25年前に戻ってきました。 (入力:PTI)

ビデオ

Related Articles

Close