世界

コロナウイルスワクチンWHOチーフが大国のラテットニュースに警告

ベルリン:世界保健機関(WHO)の責任者は、コロナウイルスワクチンの作成についてすべての国の連帯を呼びかけました。 彼は、世界中で継続的に成長しているコロナの症例について懸念を表明しています。 ベルリンでの3日間の世界保健サミットの発足時のビデオ演説で、WHOのチーフTedros Adholm Ghebyeyusは、コロナウイルスを克服する唯一の方法はすべての国が集まることであると述べました。

また読む:2 + 2対話:米国国務長官と国防相は本日インドに到着し、LACについて話し合う

貧しい国々の懸念について、彼は、有能な国々もワクチンが貧しい国々に届くようにするべきだと述べた。 国が最初に市民を守りたいのは当然ですが、効果的なワクチンがあれば、それを効果的に使用する必要があります。 これを行うための最良の方法は、すべての国で予防接種を受けることです。 彼は、「ワクチンナショナリズム」が流行を長引かせる可能性があると述べた。

大手科学者は、世界規模の科学的Kovid-19ワクチンを開発する競争に参加しています。 現在、数十のワクチンが試験中です。 この試験の3つのフェーズは非常に重要です。 何千人ものボランティアがこの試験に参加しています。 欧州連合、米国、英国、日本、その他の国々は、ワクチンの開発に携わる大企業をすでに発注しています。 これは、貧しい国々がこの問題でそれほど取り残されるべきではないという懸念を引き起こしています。

WHOはそれに対処するための国際計画を開始しましたが、それに必要な資金を調達するのに苦労しなければなりません。 日曜日のWHOは、すべての国にこの病気の蔓延を食い止めるように呼びかけました。 統計によると、465,319件は土曜日だけのものであり、その半分はヨーロッパからのものでした。

ヘビーウェイトロスの不足は、「北半球の多くの国にとって非常に危険な瞬間だ」と語った。 しかし彼は、人々はウイルスに対処するのに物理的に弱いわけではないが、最大の懸念はコロナウイルスプロトコルに適切に従わないことであると述べた。 人々は社会的な距離を保ちながら、手を洗うことに不注意です。 もっと出てきます。 国連事務総長のアントニオ・グテーレスも、これまでで最大の危機について説明しました。 彼はまた、グローバルな統一を強調した。

生放送

Related Articles

Close