世界

シリア北部での暴力により、主に反政府勢力が支配する地域で10人が死亡| シリアは再び戦争に向かっていますか? イドリブ州内での新たな戦闘で10人が死亡

ベイルート:月曜日にシリア政府軍とシリア北西部の反政府勢力との間の銃撃戦で少なくとも10人が死亡した。 政府メディアと野党の労働者がこの情報を提供した。 過去数週間、シリア北西部のイドリブ州で政府軍と反政府勢力の間で暴力が発生しました。 イドリブ州は反政府勢力の拠点と見なされています。

アルカイダに関連する組織の司令官が殺害された

イドリブを拠点とする活動家のタハリール・アル・オマールは、アルカイダにリンクされたグループであるハヤット・タハリール・アル・シャムの地元の司令官が死者の中にいたと述べた。 これとは別に、殺害された人々には他の組織の反政府勢力が含まれています。 これで3人の民間人も亡くなりました。 シリア国営通信社SANAの報告によると、これに応じて、反政府勢力は国営のゾリン村に発砲し、少女を殺害し、父親を負傷させた。

昨年3月の停戦

実際、昨年3月にトルコとロシアが調停を行ったため、双方の間で停戦が合意された。 停戦の下で、ロシアの支援を受けたシリア政府は、反政府勢力に対する進行中のキャンペーンを中止した。 停戦が課せられたことで、この地域には多くの平和がありました。

過去10年間の内戦で荒廃したシリア

重要なことに、過去10年近くシリアで起こっている内戦により、これまでに5万人以上が亡くなり、数百万人が家を出ることを余儀なくされています。

Close