世界健康

ソーラーパネルコーティング市場は2029年までに近い将来大きな影響を与える

Trends Market Research

世界のソーラーパネルコーティング市場は2017年に35億米ドルと評価され、23.55%のCAGRで2026年までに190億米ドルに達すると推定されています。

ソーラーパネルを使用して再生可能エネルギーを生成するための強力な政府支援は、市場の成長を加速させます。ソーラーパネルは、住宅およびユーティリティ規模でエネルギーを生成するために広く利用されています。ソーラーパネルコーティングは、優れた吸収能力と高い光透過性を備えているため、最大の効率を発揮します。

住宅セグメントは、予測期間を通じて市場を支配すると予想されます。エネルギーを生成するためのソーラーパネルの設置の採用と、太陽エネルギーを生成するための屋上ソーラーパネルの設置に対する需要の高まりが高まっています。屋上ソーラーパネルが80%のシェアを占めています。

サンプルプレミアムレポートを入手するには、ここをクリックしてください@  https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/4025

反射防止コーティングは、吸収能力を高め、光の透過性を改善し、反射を低減することにより、ソーラーパネルの全体的な効率を改善し、したがって、反射防止ソーラーパネルコーティングの需要を促進します。疎水性セグメントは、ソーラーパネルコーティング市場の2番目に大きいセグメントであり、予測でかなりの需要を目撃すると推定されています。疎水性コーティングの優れた特性により、ソーラーパネルの表面に水が残ることはありません。

アジア太平洋地域は、エネルギーを生成するためのソーラーパネルの需要の高まりにより、急速に成長しています。アジア太平洋地域では、中国がソーラーパネル設置の主要な消費者であり、容量の45%が2017年に中国によって設置されています。総設置数の上位は、それぞれ米国、ドイツ、日本、インド、イタリアです。

レポートは、ソーラーパネルコーティングの総市場と、ドライバー、拘束、機会などのさまざまな市場要因の影響をカバーし、SWOT分析の主要な問題に挑戦し、技術予測もレポートに示されています。これにより、新興経済国の高成長や需要などの主要な推進要因についてのアイデアが得られます。
世界のソーラーパネルコーティング市場の範囲

製品別の世界のソーラーパネルコーティング市場:

反射防止
疎水性
セルフクリーニング
防汚
耐摩耗性

最終用途産業別の世界のソーラーパネルコーティング市場:

居住の
商業の
エネルギー
農業

マーケットを購入またはカスタマイズするためのチェックアウトのお問い合わせ@  https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/4025/Single

地域別の世界のソーラーパネルコーティング市場:
北米
ヨーロッパ
アジア太平洋地域
南アメリカ
中東とアフリカ

レポートで分析された主要なプレーヤー:
アルケマグループ
フェンジSpA
NanoTech Products Pty Limited
Koninklijke DSM N.V
3M
PPGインダストリーズ株式会社
nanoShell Limited
Unelko Corporation
Optitune Oy
Diamon-Fusion International Inc.(DFI)

信じられないほどの割引でこのレポートを入手するには@  https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/4025

Tags

Related Articles

Close