Uncategorized理科

タワータイプ別のウインドタワー市場、アプリケーションおよび予測レポート

ウインドタワーマーケット

風力タワーの市場規模は、予測期間中に7.4%のCAGRで増加すると予測されています。 風力タワーは、風力タービンおよび発電機を含む風車の他のコンポーネントの主要なサポートシステムです。

市場は、アプリケーションに基づいてオフショアとオンショアに分かれており、歴史的な期間(2012年から2015年)にはオンショアがより大きな分岐点でした。 これは、風車を陸上に簡単に設置できる結果でした。 さらに、オフショア風車に到達することはより困難であり、それはそれらのメンテナンスを面倒にし、それによってオンショア設備をより人気のあるものにします。 海底ケーブルの出現などの技術の進歩に伴い、海底に風車を建てることが可能になりつつあるように、今後数年間で、オフショア分岐はより速い成長を目撃するでしょう。

レポートサンプルのダウンロード: https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/wind-tower-market/report-sample

2015年、アジア太平洋地域は、電力需要の高まりに対応する風力発電所の容量が増加した結果、最大の風力発電所市場でした。 中国とインドは地球上で最大の風力エネルギー生産国の1つであり、これらの国ではさらに多くの風力発電所がさまざまな試運転段階にあります。 中東とアフリカは、風力発電の普及率が低いため、予測期間中に最も急速に成長し、市場のプレーヤーに拡大の大きな機会を提供します。

したがって、再生可能エネルギーへの注目が高まるにつれ、風力タワーの設置は増え続けるでしょう。

完全なレポートを閲覧する:https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/wind-tower-market

Tags

Related Articles

Close