Uncategorized

テレコム市場におけるGISCOVID-19影響調査レポート、トッププレーヤーと成長機会

テレコムセクター向けの地理情報システムソリューションは、クラウドだけでなく構内にも展開できます。現在、オンプレミスは、データとそのセキュリティをより詳細に制御できるため、より一般的な展開タイプです。ただし、今後数年間で、インターネットに接続されたデバイスからいつでもデータにアクセスできるようになるため、クラウドに移行する通信会社が増えると予想されます。

このレポートのサンプルコピーを入手@ https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/gis-in-telecom-market/report-sample

中小企業がネットワークを拡大し、確立された組織と競争し、それでも利益を上げるには、運用コストを低く抑えることが重要です。過去には、北米は通信市場で最大のGISでした。ここの主要な通信会社は、サービスを提供するエリアの拡大に重点を置いているためです。

AIやモノのインターネット(IoT)の使用が増加していることから、GISにはセンサーやその他の接続コンポーネントが装備されており、通信会社は必要なデータを収集できます。さらに、小型化されたシステムは、安価で、地理空間データ収集の柔軟性が高く、ナビゲーションおよびマッピング情報をリアルタイムで収集できるため、人気が高まっています。

購入前にお問い合わせください@ https://www.psmarketresearch.com/send-enquiry?enquiry-url=gis-in-telecom-market

この市場調査レポートは、市場の包括的な概要を提供します

  • 2020年から2030年の期間の予測による市場の将来の可能性
  • 市場を推進する主な要因と短期、中期、長期の影響
  • 市場の制約と短期、中期、長期の影響
  • 市場参加者のための最近の傾向と進化する機会
  • 市場セグメントの過去および現在のサイズとそれらの比較将来の可能性を理解する
  • オンデマンドロジスティクスサービスの可能性があるため、市場のプレーヤーは製品の販売について情報に基づいた決定を下します

Related Articles

Close