世界

ナレンドラ・モディ首相| ヒンディー語ニュース、国

ニューデリー:ナレンドラ・モディ首相は月曜日、世界の需要はコロナウイルスの流行の影響を受けており、インドが世界のエネルギー消費を加速させると述べた。 彼はまた、世界の石油およびガス供給業者は説明責任のある価格設定システムを採用し、透明で柔軟な市場に向けて動くべきであることを強調しました。 モディは、セラウィークの第4回インドエネルギーフォーラムで演説している間、最近、天然ガスマーケティングの分野における政府の石油およびガスの探査および生産ライセンス政策と改革について言及しました。 彼はまた、精製能力を倍増させるという政府の野心的な計画についても言及した。

インドのエネルギーは世界を元気にします。 彼は、私たちのエネルギー部門は成長に焦点を合わせ、投資家に優しく、環境に配慮していると述べました。 インドはクリーンで再生可能なエネルギー源を急速に開発しています。 首相は、「インドは気候変動に関連するコミットメントに向かって動いている(COP21)」と述べた。 私たちは2022年までに1,75,000MWの再生可能エネルギー容量を達成するという目標に取り組んでいます。「今年の会議のテーマ…変化する世界におけるインドのエネルギーの未来…」彼は非常に関連性があります。 インドはエネルギーに満ちており、インドのエネルギーの未来は明るく安全です。 インドのエネルギーは世界を元気にします。 ”

2020年はエネルギーにとって挑戦的な年である首相は、世界的に、2020年はエネルギー部門にとって挑戦的な年であると述べました。 需要はほぼ3分の1に減少しました。 また、価格の変動が見られ、投資決定が影響を受けています。 同氏は、「世界の主要組織は、今後数年間でエネルギー需要が減少することへの懸念を表明している。しかし、これらの機関は、インドが主要なエネルギー消費者として浮上すると予測している。インドのエネルギー消費は、長期的には倍増するだろう」と語った。インドは現在、500万バレルの石油に相当するエネルギーを消費しています。 しかし、首相はまた、エネルギー供給業者は説明責任のある価格設定システムを採用すべきであると述べた。

国内機の数は倍増するだろう、と彼は語った。「世界は長い間原油の価格の変動を見てきました。私たちは責任ある価格システムに移行する必要があります。私たちは両方のための透明で柔軟な市場に向けて努力しなければなりません。モディ首相は、ブームが見られる地域はたくさんあると述べた。インドは3番目に大きく、最も急速に成長している航空機市場である。国内の航空機部門は2024年までにその艦隊を2倍の1,200にすると推定されている。 「インドは、エネルギーへのアクセスは手頃な価格でお金でいっぱいでなければならないと信じています」と述べました。

新興市場はクリーンエネルギーへの投資の観点からのものであり、首相は、流行の間、投資は石油とガスのバリューチェーンに行われたと述べた。 インドのエネルギー計画は、すべての人へのエネルギーアクセスを確保し、炭素排出量を削減するという世界的な取り組みを遂行することを目的としています。 「私たちのエネルギー部門は成長志向で、産業に優しく、環境に配慮しています。そのため、インドは再生可能エネルギーの供給源を急速に開発している国の1つです。」モディ氏は、「インドは今日、最も魅力的な新興市場です。インドは、気候変動に関連する取り組みに向けて動いています。私たちは、2022年までに1,75,000MWの再生可能エネルギー容量を達成するという目標に取り組んでいます。

首相は、電気料金を24,000クローレ節約し、「2030年までに再生可能エネルギーの容量を45万MWに増やすという目標を設定しました」と述べました。 彼はまた、インドは炭素排出量が少ない数少ない国の一つであると述べました。 です。 それにもかかわらず、私たちは気候変動に対するキャンペーンを継続します。 モディ氏は、政府の成果を強調し、インドはすべての家庭に電力を供給するという目標を達成したと述べました。 36クローレの低電力LED電球が配布され、1.1クローレのスマートLEDライトが道路に設置されました。 これにより、年間600億ユニットの電力を節約できます。 また、温室効果ガスの排出量は4,500万トン減少し、エネルギー料金は24,000ルピー節約されました。 エネルギー部門の改革については、2019年2月に石油・ガスの探鉱およびライセンス政策に変更が加えられたと述べた。この下で、収益の増加よりも生産の増加に重点が置かれた。

ガス生産の増加は経済に役立つモディ首相は、ガス生産の増加はガスベースの経済の目標を達成するのに役立つと述べた。 同じ月に、企業はマーケティングの面で自由を与えられました。 需要の増加と同じように燃料生産量を増やすために、石油精製能力を現在の2億5000万トンから2025年までに4億5000万トンに増やすという目標を設定したと彼は語った。人。

2030年までに45万MWの電力を供給することを目指して、彼はインドのエネルギー部門の枠組みには7つの主要な要素があると述べました…化石燃料、特に石油と石炭をきれいに使用して、ガスベースの経済に向けて動くための急速な努力が増加しましたバイオ燃料をスピードアップするために国内の供給源に依存し、2030年までに450,000 MWの再生可能エネルギー容量に到達することを目標とし、電力使用量を増やして車両からの排出量を削減し、水素などの新しい燃料を使用し、すべてのエネルギーシステムでデジタルイノベーションを推進します。 「彼は言った。「過去6年間、強力な政策イニシアチブがエネルギー部門で行われており、これらは今後も続くだろう。 「」

Related Articles

Close