世界

フェイクニュースの名の下に表現の自由を制限するDNAANALYSISソーシャルメディアプラットフォーム| ソーシャルメディアプラットフォームがフェイクニュースを「支持する」のはなぜですか?

ニューデリー:世界中で約500億人がソーシャルメディアを使用しており、インドでは約40億人がソーシャルメディアで活動しています。 Facebook、Google、Twitterなどのソーシャルメディアサイトは、プラットフォーム上の特定のコンテンツを検閲し、それをフェイクニュースとしてラベル付けしていると主張しています。 このため、何百万もの人々の表現の自由が影響を受けます。 私たちの分析は、世界の5億人の表現の自由に関連しています。

10月28日、米国議会委員会は約3時間半の仮想公聴会を開催し、Facebook、Google、TwitterのCEOがこの公聴会に出席しました。

まず、このヒアリングの大きなことをお話ししましょう-

-これら3社は、プラットフォーム上のオンラインコンテンツを希望どおりに検閲したとして非難されており、米国議会委員会は、コンテンツを管理するのと同じ方法で責任を負わせたいと考えています。

-米国大統領選挙では、これらの企業が偏った方法でコンテンツを検閲することで一方に利益をもたらす決定を下したと言われています。 アメリカ共和党はこれらの会社とアメリカ大統領に対してこれらの主張をしました、ドナルド・トランプはこの党から来ました。

-米国では、これら3つの会社は、オンラインコンテンツまたは自社のプラットフォームに投稿されたコンテンツを削除する決定について責任を負いません。 これらの会社は、アメリカの法律のセクション230に基づいて免除されています。 しかし、専門家は、今この法律を変更する必要があると主張しています。

-このアメリカの議会委員会は、これら3社のCEOに非常に辛い質問をしました。 Twitterには偏見の申し立てが頻繁にあるため、MPのターゲットはTwitterのCEOであるジャックドーシーでした。

Twitterの差別的な態度次に、Twitterの差別的な態度の例を紹介しましょう。 今月6日、ドナルド・トランプ米大統領がツイートを送った。 この中で、彼は、Kovid-19の感染はインフルエンザよりも危険性が低いと書いています。 トランプが与えた理由はインフルエンザワクチンが存在するということですが、それでも毎年1万ルピー以上の人々がインフルエンザの犠牲になっています。

Twitterは、このトランプのツイートに対して行動を起こし、それを検閲し、噂を広め、虚偽の情報を広めるとラベル付けしました。

しかし、今年の3月12日、中国外務省のスポークスマンがツイートした。 この中で、彼は米軍が中国の武漢市でコロナウイルスの感染を広めたと非難した。 コロナウイルス感染は武漢自体から始まりました。 しかし、Twitterはこのツイートを検閲せず、代わりにラベルのみが付けられました。 つまり、このツイートでは、アメリカに対して誤った主張が直接行われ、検閲されていませんでした。

今、あなたは中国がこれらの3つの会社Facebook、Google、Twitterを禁止したと思います。 つまり、これらの会社は現時点では中国では利用できません。 この後も、これらのアメリカ企業は自国に対して中国の側を取っています。 これらの大企業はアメリカや世界の他の国々で事業を行っていますが、ソーシャルメディアで中国を支援しています。

Related Articles

Close