Uncategorized理科

プロセス、アプリケーションおよび将来のScによる二酸化チタン市場

二酸化チタン市場

塗料およびコーティング業界では、塗料およびコーティング顔料の主成分として大量の酸化チタンを使用しています。これは、二酸化チタンを含む顔料は、紫外線を散乱および吸収できるため、工業用および反射性の塗料に反射機能を追加するためです。さらに、この化合物は、発光性、非反応性、および非毒性の特性を備えているため、塗料やコーティングの明るさと白色度が向上します。たとえば、風力タービン用の二酸化チタンベースのコーティングは、紫外線からの保護と構造に適した白色を提供します。

レポートサンプルのダウンロード: https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/titanium-dioxide-market/report-sample

さらに、自動車の排出量、燃料効率、および二酸化炭素排出量に関する懸念が高まっているため、軽量車両の採用が増えると、二酸化チタンの使用が増幅されます。このコンパウンドは、軽量自動車の製造に使用されるポリカーボネート構造に適用されるコーティングに使用されます。これらのコーティングは、安定性、耐久性、および耐擦傷性を提供するためです。したがって、これは2020年から2030年の間に4.5%のCAGRで二酸化チタン市場を加速します。 2019年の市場規模は15,020.1百万ドルで、2030年には24,026.1百万ドルに達する見込みです。

したがって、建設業界や自動車業界での塗料やコーティングの使用が増えるにつれ、二酸化チタンの需要は将来急増するでしょう。

購入前のお問い合わせ:https://www.psmarketresearch.com/send-enquiry?enquiry-url=titanium-dioxide-market

プロセスによる市場細分化
•硫酸塩
•塩化物
アプリケーションによる市場細分化
•塗料とコーティング
•プラスチック
• 論文
•インク
•その他(触媒、セラミック、繊維、ゴム、床の敷物、屋根の顆粒を含む)

Tags

Related Articles

Close