Uncategorized

ポリマーコーティングファブリック市場の需要、収益および成長

PDF形式で無料サンプルレポートを入手@ https://www.reportsnreports.com/contacts/requestsample.aspx?name=773169

ポリマーコーティングファブリック市場は2019年に163億米ドルと推定され、2019年から2024年の間に4.3%のCAGRで、2024年までに201億米ドルに達すると予測されています。 このレポートは282ページに広がり、10社をプロファイリングし、xxテーブルとxx数字でサポートされています。

ポリマーコーティングファブリック市場でプロファイリングされたトップ企業:
*ダウ-インコーポレイテッド (米国)
•BASF SE(ドイツ)
*Wacker Chemie AG(ドイツ)
*ハンツマン株式会社(米国)
*ソルベイ(ベルギー)

2018年のPVC被覆織物セグメントは、価値と量の両方で最大のシェアを占めました。 交通機関、防護衣、建築、および他のような適用のこれらの生地のための需要が高いことは要求を運転しています。 水抵抗、土の抵抗、化学抵抗およびオイル抵抗のような安価、高いライフサイクルおよび特性は、とりわけ、ポリ塩化ビニールの上塗を施してある生地のための市場を運転しています。

輸送用途におけるポリマーコーティングファブリック市場は、2018年に最大のシェアを占めました。 自動車、航空機および鉄道からの上昇の安全基準そして増加する要求はmajorly交通機関の適用のポリマーによって塗られる生地の市場を運転しています。 ポリマーによって塗られる生地は内部、外面、エアバッグ、シートベルトおよびカバーのような自動車適用の広い範囲のために適切である。

APACポリマーコーティングファブリック市場は、2019年から2024年の間に価値の面で最高のCAGRを登録すると予測されています。 インフラ開発に裏打ちされた成長する工業化は、APACのpolymer coated fabrics市場に大きな成長の機会を提供しました。 高い経済成長率と石油&ガス、自動車、インフラ、化学、鉄鋼&軍事などの産業への多額の投資も、この地域のポリマー被覆織物市場を牽引しています。

ポリマーコーティングファブリック市場の競争力のある風景:
1概要
2市場シェア分析、2017
2.1コンチネンタル航空
2.2トレルボルグAB
2.3サンゴバンS.A.
2.4シーオンインダストリーズN.V.
2.5セルジュ-フェラーリ-グループ
3競争の状況と動向
3.1新製品発売
3.2拡張
3.3買収
3.4契約
3.5パートナーシップ

Close