世界

ラオス、最新の中国の債務トラップ外交の犠牲者 今、この国は中国の「債務トラップ外交」の犠牲になり、シェアを失った

北京:多くの国がその魅力に陥ったにも関わらず、全世界はローンを提供することによって奴隷を作るという中国の陰謀を認識しています。 現在、ラオスは北京の債務罠外交の犠牲者にもなっています。 中国はラオスに多くの借金を抱えているため、この危機から抜け出す方法を理解していません。

中国は、ラオスが債務を返済する立場にないことを理解しているため、交渉が始まった。 その下でラオスは中国の会社に送電網を引き渡さなければならなかった。 報道機関のロイターによる報告によると、電力網の持ち株契約は、地元企業と中国の南部電力網によって9月1日に署名されました。 この取引後、電力網はある意味で中国の支配下に置かれました。

中国の70%のシェア中国は、その野心的なBelt and Road Initiative -BRIプロジェクトのもと、近隣のラオスに60億ドルのコストで高速鉄道回廊を建設することに取り組んでいます。 この線路の最初の列車は、2021年12月2日のラオス建国記念日に首都ビエンチャンに到着します。1975年のこの日、ラオスは共産主義の支配下に置かれました。

中国の輸出入銀行は、鉄道プロジェクトの総費用の約60%を提供しています。 一方、予算の40%は3つの中国国有企業の合弁事業からのものです。 したがって、ラオスには30%の株式が与えられている一方で、中国はプロジェクトの70%の所有権を持っています。

ローンの債務不履行になる危険は、中国のベルト&ロードプロジェクトの新たな犠牲者です。 このプロジェクトを通じて、中国は最初に大規模なローンを提供し、次にローンを返済しなかった場合、関係国の資産を所有します。 報告によると、ラオスの外貨準備は、年間の未払い債務と比較して10億ドル以上減少しています。 そのような状況では、今やローンのデフォルト者になる危険性があります。 ラオス政府は北京にさらに期限を要求しました。

ムーディーズの格付けの引き下げにより、7月に世界的な格付け機関であるムーディーズがラオスをジャンク状態と宣言し、その格付けをB3からCaa2に引き上げたことが明らかになりました。 ムーディーズは、ラオスは現在、深刻な資金不足に取り組んでいると述べていた。 ラオスだけでなく、世界中の国々が中国のネットに巻き込まれています。 中国はGDPの20%以上をジブチ、トンガ、モルディブ、コンゴ、キルギスタン、カンボジア、ニジェール、ラオス、ザンビア、モンゴルなどの数十の国に貸し出しています。

ライブテレビ:

Related Articles

Close