世界

中国のウイルス学者は、COVID-19は武漢研究所で作成されたと主張しています。 科学的証拠を提供します| 中国のウイルス学者が世界の疑いを封じ、コロナウイルスは人為的

北京:中国人女性ウイルス学者のLi-Meng Yan博士がCoronaVirusについて大きな情報を公開しました。 彼はコロナが武漢の研究室で作られたと言います。 コロナウイルスを長い間研究してきたYanは、香港公衆衛生学校に所属しています。 彼の研究中に、彼はウイルスが中国で作られたことを示唆するそのような事実を発見しました。 中国のウイルス学者によるこの啓示により、北京は再び世界の標的になりました。 米国をはじめとする多くの国が、当初から中国が故意にウイルスを作成したと述べてきました。 しかし、中国がこれらの主張を受け入れたことがないことは異なります。

WHOでもあるKhamoshali-Meng Yanはインタビューで、コロナウイルスが検出されたとき、世界保健機関(WHO)からの応答はなかったと述べました。 彼は潜在的な脅威について中国当局に通知しましたが、彼の警告は無視されました。 ウイルス学者はウイルスが中国政府の管理下にある武漢の実験室で作られたと言った。

肉市場は煙幕です。 彼はコロナは武漢の食肉市場から来たのではない、なぜならこの食肉市場は煙幕であり、このウイルスは自然の産物ではないからだと言った。 ヤン氏は、地元の医師や一部の諜報機関を通じて、ウイルスが肉市場で生まれたのではなく製造されたことを知ったと主張した。 さらに、中国当局は人から人への感染がすでに存在し、SARS CoV-2は非常に変異型のウイルスであることを知っていた。 それにもかかわらず、彼は黙っていた。

当局は威嚇・威嚇したメン・ヤン氏が、世界にこの危険を認識させることについて話したとき、中国当局は彼を威嚇したと述べた。 そのため彼は中国を出てアメリカに来なければなりませんでした。 彼はまた中国政府が彼らに対して偽の情報を広めるために何人かの人々を雇ったと主張しました。

起源を知ることは重要です。 中国のウイルス学者はさらに、生物学に精通していなくても、このウイルスの起源をそのサイズで特定することができるだろうと述べています。 ウイルスのゲノム配列は人間の指紋のようなものであり、これに基づいてコロナが人工ウイルスであることを証明します。 ウイルスに人間の指紋が存在することは、それが人間によって発生したことを伝えるのに十分です。 彼はウイルスを克服するために、それがどのように発生したかを知ることが重要であると言いました。 中国が世界に真実を伝えていたなら、おそらくそれは間に合わなかったかもしれない。

ライブテレビ:

Related Articles

Close