Uncategorizedビジネス世界健康理科

日本の自動車用コックピットエレクトロニクス市場分析と調査された新しい市場機会

日本の自動車用コックピットエレクトロニクス市場

P&S Intelligenceは、新しい調査レポート「自動車コックピットエレクトロニクス市場:2024年までの世界の産業分析と予測」を発表しました(センサーと最新の自動車の広範な使用により、ドライバーが直接アクセスできる自動車制御機能の需要が自動車で高まっています。自動車のコックピット電子機器の主な目的は、運転体験を向上させ、利便性、安全性、および改善された制御を提供することです。自動車のコックピットは、ヒューマンマシン干渉(HMI)に使用されます。自動車のコックピットには、グローバルポジショニングシステム(GPS)、トランスミッション、車載電話、リアディスプレイ、CDプレーヤー、ワイヤレス干渉、高度な駐車サポートシステム、車載照明、気候制御、Wi-Fiなどが含まれます。」

サンプルレポートの取得リクエスト@ https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/automotive-cockpit-electronics-market/report-sample

西ヨーロッパ諸国はゆっくりですが着実に自動車製造に再登場しています。西ヨーロッパの自動車プロジェクトは2013年に4%成長しました。一方、中央および東ヨーロッパの自動車プロジェクトは2012年と比較して2013年に22%減少しました。ドイツは依然としてヨーロッパ最大の自動車コックピットエレクトロニクス市場です。 。自動車用電子機器は、ドイツの電子産業の最大のセグメントです。ドイツの自動車用電子機器は、2014年の電子機器市場全体の約55%を占めました。

自動車用コックピットエレクトロニクス市場の競合企業には、Continental AG、Visteon Corporation、Alpine Electronics Inc.、Panasonic Corporation、Robert Bosch GmbH、DENSO CORPORATION、Harman International Industries Inc.、Clarion Company Ltd.、Delphi Automotive PLC、GarminLtdなどがあります。 。

レポートを購入する前にお問い合わせください@ https://www.psmarketresearch.com/send-enquiry?enquiry-url = automotive-cockpit-electronics-market

レポートの対象範囲

  • 情報に基づいた市場の見通し、機会、課題、傾向、規模と成長、競合分析、主要な競合他社、ポーター分析の助けを借りて、市場の包括的な理解を提供します
  • 主要な業界プレーヤーの成長と課題の主要な推進要因を特定します。また、市場に対する推進剤と拘束装置の将来の影響を評価します
  • 市場の潜在的な需要を明らかにする
  • ポーター分析は、市場内の競争力を特定します
Tags
Close