Uncategorizedビジネス世界健康理科

日本の自動車用超音波センサー市場-業界の成長、主要プレーヤー、需要と将来の範囲

自動車用超音波センサー市場

P&S Intelligenceが発行した市場調査レポートによると、世界の自動車用超音波センサーの市場シェアは2030年までに60億9,620万ドルに達すると予想されています。2019年には34億6,190万ドルと評価され、そこから5.1%のCAGRが見込まれます。 2020年から2030年の間(予測期間)。車両の自律性に基づいて、世界中の共有モビリティサービスでこのような自動車の採用が増加しているため、完全自動運転車の分岐は、予測期間中に急速な成長を遂げると予測されています。

サンプルレポートの取得リクエスト@ https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/automotive-ultrasonic-sensors-market/report-sample

アジア太平洋(APAC)は、予測期間中に自動車用超音波センサー市場で最も急速に成長すると予測されています。国に基づいて、中国は今後数年間で超音波センサーなどの高度なセンサーの最大の需要を登録すると予想されます。これは主に、国内の自動運転車の技術革新が急速に進んだことによるものです。

レポートを購入する前にお問い合わせください@ https://www.psmarketresearch.com/send-enquiry?enquiry-url = automotive-ultrasonic-sensors-market

世界の自動車用超音波センサー市場には主要な支配的プレーヤーは存在せず、その結果、市場には、Baumer Holding AG、Honeywell International Inc.、Magna International Inc.、Autoliv Inc.、Aptiv PLC、Elmosなどの複数の主要プレーヤーがいます。 Semiconductor AG、TE Con​​nectivity Ltd.、Valeo SA、Texas Instruments Inc.、First Sensor AG、およびTDK Corp.

Tags

Related Articles

Close