世界

現在、中国は南シナ海のライバルをワクチン外交で狙っています| 中国は災害の機会を求めており、多くの国が「ワクチン外交」に関与している

北京:全世界をコロナウイルスの蔓延に押しやっている中国は、この災害に機会を見出しています。 北京は経済的に弱い国々を捕らえるために「ワクチン外交」に取り組んでいます。 彼は他の国々にワクチンを提供しており、それを購入するためのローンも提供しています。

ドラゴンは、中国のワクチンを購入するためだけに、中南米とカリブ海諸国に10億ドルの融資を行う。 彼はバングラデシュに100,000以上の無料ワクチンを提供することを約束し、その代わりに中国の会社Synovacがバングラデシュでワクチン試験を実施することを許可されました。 別の会社であるシノファーマは、そのチームをペルーに派遣しました。

全世界が小さな国になり、コロナワクチンを待っています。 小国はワクチンを準備するための十分な資源がないため、中国の「ワクチン外交」の餌食になっています。 インドネシアは南シナ海をめぐる中国との領土紛争に巻き込まれているが、中国からのワクチンも求めている。 15日前に、インドネシアの大統領であるJoko WidodoがXi Jinpingに電話で話し、中国の大統領は彼にワクチンを提供することを保証しました。 北京は声明を発表し、中国はインドネシアの懸念とワクチンに関するニーズを真剣に受け止めていると述べた。

フィリピンは反対派を去った南シナ海では、中国のライバルであるフィリピンも中国のワクチンを待っている。 フィリピン大統領のロドリゴドゥテルテ氏は、7月に習近平氏に要請した。 彼はワクチンだけのために南シナ海の中国に反対しないことさえ決めました。 これは中国にとって正当な取引です。

対面中国はアフリカ、ラテンアメリカ、カリブ海、中東、南アジアでワクチンを提供しています。 この申し出で、彼は危機の時に彼が他の国を世話しなければならない一方で、現実は彼を閉じ込めることであることを示したいと思います。 北京にも同様の陰謀があり、世界の多くの国々に医療機器を提供していました。 しかし、彼の供給不足についての苦情がすぐに受けられ始めた。

いつワクチンが接種されますか? 中国は、そのコロナウイルスワクチンは11月または12月までに一般に使用できるようになると述べている。 中国疾病予防予防センター(CDC)によると、4つのコロナウイルスワクチンが3番目の最終段階にあります。 これらのうちの3つは、7月にのみ必要な緊急承認の下に置かれました。

ビデオ

Related Articles

Close