世界

私は大きな期待を持って36クローレの家を購入しましたが、今では「怖い夢」になっています。 理由を知る

ロンドン:夢を人生の家にすることは、みんなの夢です。 そのようなカップルの1人は、ロンドンの家を36クローレの価格で購入しました。 彼らがそこに住むようになったとき、彼らはとても幸せでしたが、すぐに家は彼らにとって恐ろしい夢になりました。

ルピーのために購入した家。 36ロール

サンのレポートによると、58歳のジャッキーマコーマックと英国(英国)に住む彼女の夫は、今年2月にウォリックシャーの家を3万ルピー5万ポンド(インド通貨で36ルピー)で購入しました。 二人とも新しい家に引っ越す前はとても幸せでしたが、この幸せはあっという間に消えてしまいました。 実際、彼の家は幹線道路に非常に近く、高速車が常に走り、音を立てています。 トラックやバスが高速で通過するたびに、彼らの家は振動し始めます。

汚染も打撃を受けています

この振動とは別に、彼らは汚染にも直面しています。 その結果、彼らは週に4回家の窓を掃除しなければなりません。 彼らの家は一日で外から来るほこりでいっぱいです。 ジャッキー・マコーマックは、彼女の苦しみはここで終わらないと言います。 土曜日の午前11時から日曜日の午前4時まで、レーシングバイカーは大きな声でその道路を走ります。 同時に、大型車は月曜日から金曜日まで通過し、騒音を立てます。 全体として、彼らは一日も得られず、その日に彼らは平和に暮らすことができます。

子供の事故への恐れ

ジャッキーは、事故を恐れて、孫たちが家から出て遊ぶことを許可していないと言います。 車のひどい騒音を避けるために、彼女は月曜日から金曜日の朝の早朝5.30にイヤホンを耳に当てます。 綺麗な家だそうですが、道路にとても近いので、ここに泊まるのが難しくなっています。 彼女は、この都市計画の貧弱さを都市計画者のせいにしないと言いますが、家は道路の近くに建てられるべきではないことを知っておくべきでした。

また読む-英国:3人の子供の母親が半年齢の性的虐待の未成年者を作り、ビデオも作った

家の中にほこりが残っている

ジャッキーは、汚染とほこりの多い土壌のために、彼の車と家の窓に毎日厚いほこりの層が追加されていると言います。 彼らは週に4日水でそれをきれいにしなければなりません。 車や窓のこの状態が終わったら、私たちの肺にどれだけのほこりや泥が入るかを考えてください。 彼女は不満を表明し、平和と平和を求めてここに移ったが、ここに来ることで人生は悪化したと語った。 彼らは快適に眠ることも食べることもできません。

生放送

Close