世界

科学者は、空気中のコロナウイルスを殺すためのレーザー装置を開発すると主張している| コロナとの戦争で発見された新しい武器:科学者はレーザー装置を準備しました、ウイルスは空中に積み重なる可能性があります

ローマ:コロナの大流行の中で、良いニュースが来ました。 イタリアの科学者たちは、コロナウイルスを殺すことができるレーザー装置を作ったと主張しています。 この装置は、イタリアの技術会社の科学者と協力して国連の科学者によって作られました。 イタリア北部の都市トリエステにある国際遺伝子工学およびバイオテクノロジーセンターと、レーザー機器を製造する地元企業であるアルテックK-レーザーが昨年このプロジェクトに着手したことをお知らせします。

デバイスはこのように動作します

「デイリーパイオニア」の報告によると、このレーザー装置は境界壁の内側に存在するコロナウイルス粒子を殺すことができます。 この装置では、空気がレーザービームを通過し、ウイルスやバクテリアを殺します。 この点に関して情報を提供し、国際遺伝子工学およびバイオテクノロジーセンターの心臓血管生物学グループの責任者であるSerena Zakinyaは、次のように述べています。 このデバイスは50ミリ秒でウイルスを排除することができます。

また読む-抗体レベルは2〜3ヶ月でアストラゼネカとファイザーワクチンで減少している、と科学者はどちらがより効果的であるかを語った

多くの科学者が質問をしました

境界壁内の空間を感染から解放することは、COVIDパンデミックの間の主要な課題であることが証明されています。 専門家は時々それを避けるように忠告されましたが、それを完全に実行することは困難でした。 したがって、レーザー装置はコロナとの戦争に非常に役立ちます。 同時に、このデバイスでも疑問が生じ始めています。 多くの科学者は、レーザーベースの技術はコロナウイルスを殺すのに安全ではないと言います。 昨年11月にJournalof Photochemistry and Photobiologyに発表された研究は、癌のリスクをレーザーベースのデバイスに関連付けました。

「完全に安全なデバイス」

Altec社の創設者であるFrancescoJanataとJacinyaは、どちらもレーザー装置による癌の理論に異議を唱えています。 彼らは、デバイスから発せられるレーザーが人間の皮膚に接触することは決してないので、癌を引き起こすリスクはないと信じています。 彼はまた、この装置は完全に安全であり、リサイクル製品であると述べています。 Janataは、私たちのデバイスは自然に対して自然を使用していると言っています。

小さいサイズが最大の利点です

Janataは、彼の会社がこのデバイスの特許を取得していると語った。 同社はまもなくデバイスを国際的に発売しようとしています。 彼は言った、「デバイスについて最も重要なことはそのサイズです。 サイズが小さいため、どこにでも持ち運びが簡単です。 その高さは5フィート9インチで、重量は約25kgです。 同社によれば、エアコンにも設置できるという。

デバイスにもいくつかの欠陥があります

同時に、専門家は、この技術の最大の欠点は、ウイルスやバクテリアが空気自体から排除できることであると言います。 それらが空中から床または表面に落下すると、レーザーは機能しません。 これとは別に、ウイルスがくしゃみをしたり大声で話したりして他の人に到達した場合、このレーザーはその人に害を及ぼすことはできません。

Close