世界

米国の選挙:11月の米国の選挙に先立ち、43,798,191人が投票用紙を郵送し、20,916,166人が直接投票する| 米国の選挙:これまでのところ6.5億ルピーの投票、今回は新記録を作成します

ニューデリー:米国の選挙に投票するのにあと1週間しか残っていません。 このような状況の中で、大統領選挙への投票には、ここの人々の間で多くの熱意があります。 11月3日に行われる選挙(期日前投票)の前に、6人近くのカロールの人々がフランチャイズを行使しました。 米国選挙プロジェクトによると、11月3日の米国選挙前に行われた投票では、43,798,191人が郵便投票で投票し、20,916,166人が投票所に行きました。700万人以上の有権者がテキサスとフロリダで投票しました。 オハイオ州では、ノースカロライナ州で300万人以上が投票し、首都ワシントンを含むニュージャージー州では200万人以上が投票しました。 これらの傾向を見ると、投票の面でアメリカで新記録を作ることができるようです。

ペンシルベニア州でのトランプの全力は、専門家によると、2020年の米国選挙での有権者の割合が最も高い可能性があることを示しています。 これは、今年の米国の選挙で昨年よりも多くの票が投じられることを意味します。 投票の最中、トランプ大統領は月曜日(10月27日)にペンシルベニアでの集会に演説した。 彼はペンシルベニアで票を獲得するために全力を尽くした。 一方、次の選挙の最終週には、民主党の大統領候補ジョー・バイデンも、州民の票を獲得するという選挙公約に誘惑された。 トランプは、ペンシルベニア(ペンシルベニア)に加えて、ノースカロライナ、オハイオ、ウィスコンシンの集会で忙しい。 一方、ジョー・バイデンはペンシルベニアに注目しています。

これも読んでください-あなたが最後にドナルド・トランプに賭けたとき、その「選挙専門家」は今回予測しました

バイデンは、本当の戦場であるオハイオ、ジョージア、ノースカロライナに話します。 一方、バイデンは戦場を指差してトランプを狙い、「ミシガンに勝つと思う。ウィスコンシンに勝つようだ。ミネソタにも勝つと思う。オハイオで戦うチャンスがあります。ノースカロライナで戦うチャンスがあると思います。チャンスがあります。ジョージアでも厳しいコンテストのチャンスがあります。

Related Articles

Close