世界

米国大統領選挙2020:FBIと国土安全保障省が明らかにした、有権者の米国選挙データをハッキングした背後にいるイラン人。 米国選挙2020:イランのハッカーが選挙前に有権者のデータに違反し、かき混ぜる

ニューデリー:米国で米国大統領選挙の日が近づいているため、有権者のデータのセキュリティが脅かされ始めています。 現在、選挙は残り4日であり、その前に、この場所の有権者の詳細が聞かれています。 最近、米国特別捜査局FBIと国土安全保障省のサイバースペースおよびインフラストラクチャセキュリティ機関(CISA)が、選挙前のハッキングに関するレポートを発表しました。

メールでの投票が情報漏えいの脅威を増大11月3日の米国選挙では、共和党のドナルド・トランプ大統領候補と民主党のジョー・バイデン候補が反対している。 選挙前にアメリカで期日前投票が行われ、8000万人がすでに郵便でフランチャイズを行使していることが知られています。 一方、メールでの投票の増加に伴い、データ漏えいのリスクが高まっています。 詳しくは、郵送による議決権行使をご利用ください。

また読む-サウジアラビアの合法的なねじに閉じ込められた女性、子供を返すことを懇願する

トランプ支持者を狙うハッカー数週間前、FBIとCISAは、一部の国際機関が(民間の)有権者の詳細をハッキングしようとしていることを明らかにしました。 金曜日(10月30日)に、2つのセキュリティ組織が、これらのハッキングがイランのハッカーによって開始されたことを確認しました。 ハッキングには、アメリカの有権者に送信されるいくつかの電子メールが含まれます。 これらのメールはランダムに選択されました。 調査機関によると、これらのメールはトランプの支持者であると主張されています。 ビデオメッセージもメールに表示され、ハッカーは有権者登録記録を破って混乱を引き起こすよう視聴者に促しました。

ハッカーは米国の州FBIをスキャンし、少なくとも1つの州が有権者登録データベースにアクセスするためにWebサイトを悪用したことを確認したと述べました。 しかし、ハッカーがどの州の有権者のデータに違反したかは知らされていません。 同時に、アラスカ州の地元住民はハッキングを主張しています。 地元メディアの報道によると、治安機関はまた、イランのハッカーが米国の10州からの有権者のデータをスキャンしたと主張しましたが、これはまだ公式に確認されていません。

Related Articles

Close