Uncategorized理科

繊維強化プラスチックパイプの市場規模、主要企業および将来の範囲

繊維強化プラスチックパイプ市場

繊維強化プラスチックパイプ市場は、2017年から2023年の間に8.4%のCAGRを目撃します。

これらのパイプは、石油やガスの抽出と移送の他に、耐食性と強度対重量比が高いため、上下水道の管理、発電、自動車および航空宇宙の製造、建設に使用されます。さらに、耐火性の機能により、石油およびガス部門を除いて、化学産業に適しています。化学産業は厳しい基準の対象であるため、課せられた基準に準拠するために、繊維強化プラスチックパイプがそれに応じて製造されます。さらに、これらのパイプは、その優れた品質のために、現場での製造およびリハビリテーション活動において鉄パイプよりも好まれています。

レポートサンプルのダウンロード: https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/frp-pipe-market/report-sample

さらに、繊維強化プラスチックパイプは高温に耐えることができ、鉄パイプよりも低コストで入手できます。これらの特徴は、耐食性と高い強度対重量比とともに、産業プラントに適しています。また、研究者はより費用効果の高い繊維強化プラスチックパイプの開発に取り組んでおり、さまざまな分野での使用の増加が見込まれています。たとえば、これらのパイプは地熱発電所に配備されており、腐食が電力供給を妨げる主要な要因の1つです。繊維強化プラスチックパイプは、耐食性に加えて、高い熱効率も示します。これは、地熱発電部門で高く評価されているもう1つの特徴です。

購入前のお問い合わせ: https://www.psmarketresearch.com/send-enquiry?enquiry-url=frp-pipe-market

世界の繊維強化プラスチックパイプ市場
•タイプ別
oポリエステル
oポリウレタン
oエポキシ
•プロセス別
o遠心鋳造
oフィラメントワインディング
o引抜成形
•アプリケーション別
o水と廃水
o化学および工業
o石油とガス
o発電

Tags

Related Articles

Close