Uncategorizedビジネス世界健康理科

自動車用センサー市場の見通しと成長地域における機会

自動車用センサー市場

2019年、世界の自動車用センサーの市場シェアは25,723.8百万ドルに達し、2030年には58,215.3百万ドルの収益が見込まれ、予測期間(2020〜 2030年)には7.4%のCAGRが見込まれます。アプリケーションに基づいて、パワートレインアプリケーションは2019年に市場の最大のボリュームシェアを占めました。これは、従来の内燃エンジン車のトランスミッション、エンジン、およびオルタネーターでこれらのセンサーがより多く利用されているためです。

サンプルレポートの取得リクエスト:https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/automotive-sensors-market/report-sample

先進運転支援システム(ADAS)アプリケーションは、自動車用センサー市場の予測期間中に最も速いペースで成長すると予測されています。現在、ADASセンサーは、レベル1、2、および3の自動運転車に適用されています。これらのセンサーの要件は、2023年と2025年にそれぞれレベル4とレベル5の自動運転車が導入されたために増加すると予測されています。

アジア太平洋地域は、近年、重要な自動車用センサー市場として台頭しており、近い将来、自動車用センサーの需要が高まるとさらに予測されています。地域内では、中国が世界の自動車生産の毎年50%以上を占めており、それによって自動車へのセンサーの設置数が増加しているという事実により、中国は主導的な地位にあります。さらに、この地域の車両の電化も自動車用センサーの需要を後押ししています。

レポートを購入する前にお問い合わせください:https://www.psmarketresearch.com/send-enquiry?enquiry-url = automotive-sensors-market

結論として、市場は、車両をより安全にし、大気汚染レベルを抑制する必要性の高まりによって推進されています。

Tags

Related Articles

Close