Uncategorizedビジネス世界健康理科

自動車用リチウムイオン電池市場展望日本向けカソード材料

自動車用リチウムイオン電池市場向けのカソード材料

自動車用リチウムイオン電池市場向けの世界的なカソード材料は、2019年に17億4,490万ドルの収益を生み出し、2020年から2030年の間に6.9%のCAGRで前進すると予測されています。市場は2030年までに37億7,780万ドルの評価に達すると予想されます。電気自動車の使用の増加、カソード材料のコストの急激な低下、およびエネルギー貯蔵電池産業の成長は、市場の進歩を推進する重要な要因です。

サンプルレポートの取得リクエスト@ https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/cathode-material-automotive-lithium-ion-battery-market/report-sample

いくつかの国で環境悪化の増加と大気質レベルの悪化に伴い、電気自動車の導入は急速に増加しています。これにより、リチウムイオン電池の需要が高まり、自動車用リチウムイオン電池市場の正極材料が拡大しています。多くの報告によると、2019年には世界中で210万台以上の電気自動車が販売され、この数は2030年までに1億3000万台を超えると予測されています。

地理的には、自動車用リチウムイオン電池市場のカソード材料は、ラテンアメリカ、中東、アフリカ(LAMEA)地域で、今後数年間で最も急速な成長を示すでしょう。インド。これは、自動車用リチウムイオン電池の総使用量が2019年の1.6GWh近くから2024年には7.6GWhに増加すると予測されているという事実によるものです。

レポートを購入する前にお問い合わせください@ https://www.psmarketresearch.com/send-enquiry?enquiry-url = cathode-material-automotive-lithium-ion-battery-market

この研究はカバーします

•自動車用リチウムイオン電池市場向けのカソード材料の歴史的および現在のサイズ

•市場を推進する主な要因と、短期、中期、および長期におけるそれらの影響

•市場の制約と短期、中期、長期の影響

•市場参加者のための最近の傾向と進化する機会

•市場セグメントの過去と現在のサイズ、およびそれらの比較将来の可能性を理解する

Tags

Related Articles

Close