世界

英国のチャールズ皇太子は、若者に深刻なコロナウイルスのパンデミックを起こすと彼らは緊急の援助を必要とするかもしれません| このため、英国の王子は非常に心配しています、この恐怖は悩まされています

ロンドン:コロナウイルスの流行による若者への影響により、英国のチャールズ皇太子は心配しました。 そのため彼は青年を支持する緊急の請願書を出した。 チャールズ皇太子は、少なくとも100万人の若者が早急な支援を必要とする可能性があると述べています。 プリンスは約45年間、彼の信頼を通してこの分野で働いており、これに基づいて彼はこの懸念を表明しました。

彼はこのことを「日曜電信」の記事に書いている。 彼は書いた、「信託の発足後の数年間で簡単な時は決してありませんでした。 しかし、流行が約100万人の若者の差し迫った必要性を生み出した現在の状況のように、困難な時期はかつてありませんでした。 明らかにこれからの作業は膨大ですが、不可能ではありません。

彼は1970年代の現在の危機を比較し、若者の失業の懸念を引用し、「期待の低下があった別の時期があった」と述べた。 同時に、チャールズ皇太子は11歳から30歳の人々を支援するための信頼を築き、彼らに雇用機会と生き方のスキルを見出しました。

また読む:この国は何百頭ものクジラを処分しようとしていますが、今は救助の余地はありません

彼はまた、トラストを通じてコロナウイルスのパンデミックにより影響を受けた若者に追加の支援を提供するために、トラストによる「若者救済基金」の設立について話しました。

「70年代の私たちの経験からわかるように、私たちは機能するモデルを持っています。 私たちは、大きな変化をもたらすためのスキル、知識、組織を持っています。 また、これを可能にするために、私たちは多くのリベラルなサポーターを助けています。

彼は最後に言った、「最も重要なことは、私たちが手助けしたい若者の一人一人が素晴らしいことを達成する能力を持っていることを知っていることです。 これは、以前に何百万回も証明されてきたのとまったく同じです。

3月にコロナウイルスに感染した後、プリンスオブウェールズがしばらくの間自己隔離状態を維持する必要があったことを教えてください。

Related Articles

Close