世界

英国は、50人以上にコロナワクチンの3番目のジャブを投与することを計画しています| 政府は2つの戦略に取り組んでおり、英国の50人以上にコロナワクチンの3回目の接種を準備しています。

ロンドン:英国はコロナウイルスとの戦いを決定的なポイントに引き上げる準備をしています。 このため、50歳以上のすべての人にコロナワクチンの3回目の接種が検討されています。 ボリス・ジョンソンの政府は、クリスマス前に感染のリスクを完全に排除したいと考えており、ワクチンの3回目の投与を含む2つの戦略が進行中です。

新しいバリアントはセキュリティを取得しますか?

「デイリーメール」のニュースによると、2つのオプションがイギリスのチーフメディカルオフィサーであるクリスホウィッティの監督の下で裁判にかけられています。 最初の試験では、コロナの新しい亜種に対処するために既存のワクチンが改訂されています。 既存のファイザー-BioNTech、オックスフォード-アストラゼネカ、またはモデルナワクチンの3回目の接種は、2回目の接種で適用できます。 テストの最初の発見から、政府はこれらの2つの対策が新しい亜種のリスクを減らすことができることを望んでいます。

また読む-コロナウイルス:AIIMSの看護師は祖母の葬式に行かなかった、と言った-Covid患者が最初に治療された

3回目の接種はインフルエンザワクチンから始まります

報告書によると、政府は他の健康問題に苦しんでいる50歳以上の人々にワクチンの3回目の接種を適用することを検討しています。 これらの人々には、毎年適用されるインフルエンザワクチンと一緒にコロナワクチンの3回目の接種が与えられます。 政府高官は、「ブースタープログラムについては多くのことを言う必要があり、まもなく発表される予定です。 これまでに受けた結果は非常にポジティブです。

ワクチンはこれまで多くの人々を魅了してきました

大臣は、若者への3回目の投与について、政府の努力により、クリスマスまでにコロナ感染のペースが低下すると予想されていると述べた。 そのような状況では、若者は3回目の投与を必要としません。 まず、感染しやすい可能性が最も高い人に3回目の投与を行います。 英国ではこれまでに3460万人がコロナワクチンの初回接種を受けており、人口は6700万人を超えています。

すぐに予防接種を完了しようとしています

先週、保健大臣のマット・ハンコックは、英国がファイザー-バイオノートをさらに6000万回購入すると発表した。 英国は現在、1億個のワクチンの購入を命じています。 ジョンソン政府は、全人口ができるだけ早くワクチン接種を受けることを望んでいます。 このため、政府はインドへの即時支援も拒否していました。 重要なことに、インドのコロナの状況が悪化していることを考慮して、米国を含む多くの国が援助の手を差し伸べています。 しかし、当初、米国も支援を拒否しました。

Close