ビジネス

2018年から2026年の間に着実な拡大を見極める家庭用医療機器市場

世界的な在宅医療機器の利用パターンは、中国やインドなどの疫学的および人口統計学的な改善に依存して、在宅医療機器市場の拡大をもたらします。癌、腎障害、呼吸器疾患などの慢性疾患との闘いにおける取り組みの拡大は、家庭用修復装置の要件をサポートします。人工呼吸器、連続気道陽製品、携帯型酸素濃縮器などの製品とさまざまな付属品は、この市場で最も急速に売上を伸ばします。団塊の世代の増加と世界規模での高齢者の居住者数の拡大も同様に、この市場の発展を支援します。

レポートサンプルのリクエスト@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/3332

慢性疾患患者の増加により、これらのタイプの機器の手入れと使用の快適さが向上すると、需要が急速に増加します。在宅IV装置のカテゴリーも同様に上向きの拡大に直面します。これは、外来通院の厳重な管理と入院期間の短縮により、在宅で他の回復法とともに非経口栄養を投与する癌やその他の慢性疾患患者の数が増えるためです。

さらに、技術の進歩、コスト削減のメリット、顧客の可処分所得の増加、および医療費の増加は、在宅医療機器の世界市場の拡大を推進する重要な側面のいくつかです。また、在宅医療機器の費用対効果や利便性への意識の高まりや、病院から在宅への治療事例の再配置など、在宅医療機器市場の拡大が見込まれます。一方、有効性と安全性の問題は、在宅医療機器の世界市場の拡大を抑制する重要な指標のいくつかです。

表と図を使用して完全な目次を取得@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/3332

在宅医療機器市場は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の頻度が増加していることから、市場に出回っている酸素関連製品が高い評価を得ていることから、数年の間に変化しました。車椅子、輸液ポンプ、血糖値計、無呼吸モニター、カニューレなど、さまざまなデバイスが自宅での患者ケアに利用されています。たとえば、血糖値計または血糖値計は、血中の糖尿病患者の血糖値を評価するために自宅で日常的に使用されています。さらに、薬剤投与装置、無針糖尿病治療などの新しい進歩と、リフトチェアや医療ベッドなどの耐久性のある医療機器が市場の拡大を後押ししています。

米国労働統計局が発表した統計が示すように、在宅介護と個別介護支援の状況は、2026年末までに約13.0百万人増加すると予想されており、2010年から約70.0%増加している。その結果、在宅医療サービスは、より安価な質の高いケアを提供する最良の代替案を示しています。ヘルスケアセンターとさまざまな設定の確立とサポートは、本質的に必要な投資であり、運用資本とコストに関する莫大な投資も含まれます。このように、ヘルスケアサービスのサプライヤーは現在、合併や買収の支援を受けて急速に発展している在宅医療市場に浸透し、現在の見通しから利点を引き出して抑制しています。

詳細な競合分析については、今すぐ購入@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/3332

新製品の発売、合併、買収の数の増加は、家庭用医療機器市場で予測されている最近の傾向のいくつかです。家庭用医療機器の世界市場で活躍している著名な市場には、B。ブラウンメルスンゲンAG、F。ホフマンラロシュリミテッド、GEヘルスケア、アボット、アストラゼネカ、バクスター、レスメッド、ケアフュージョンコーポレーション、ホスピーラ、フィリップスがあります。 Healthcare。、Stryker、Medline Industry、Inc。およびSunrise Medical(US)LLC。これらの市場プレーヤーは、合併や買収、コラボレーション、地域の拡大、サービス範囲の拡大など、いくつかの戦略的イニシアチブに従事しています。

Tags

Related Articles

Close