Uncategorized

2026年までに貴重なデータを伝える食品グレードのガス市場

食品グレードのガスは添加物であり、保存および食品包装プロセスで重要な役割を果たします。これらのガスは主に、乳製品やベーカリー製品、魚やシーフード、飲料、鶏肉製品、野菜や果物、惣菜など、さまざまな製品の粉砕、冷凍、包装に使用されます。さらに、食品の品質を維持するために、食品業界では食品グレードのガスの使用が増加しています。

サンプルページへのアクセスを取得する:https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/13346

食品加工用途で使用される主なガスは、肉、魚、野菜、果物などの最小限に加工された食品を保存するために使用される調整雰囲気包装(MAP)です。さらに、MAPは、微生物の成長、酸化を抑制し、変色や水分の損失を防ぐことで、食品の腐敗を防ぎます。

消費者は、冷凍食品は生鮮食品に比べてグレードが低いと認識しています。しかし、人工香料や化学薬品を添加せずに生鮮食品を保存するのに役立つ改良された冷凍技術の導入により、この認識は急速に変化しています。たとえば、窒素や二酸化炭素などのガスを使用するコールドプレスまたは極低温技術は、近年注目を集めています。

このプロセスには、熱を除去するために液体の二酸化炭素または窒素を注入することが含まれます。したがって、食品の冷凍および貯蔵寿命を延ばすための食品グレードのガスの使用の増加は、世界の食品グレードのガス市場の成長に寄与する重要な要因です。ただし、産業ガスの使用に向けた厳格な政府規制の実施は、食品グレードのガス市場の成長を制限します。

さらに、都市化の進展、可処分所得の増加、小売ネットワークの拡大による先進国および発展途上国での冷凍食品の需要の増加は、食品グレードのガスの需要を押し上げています。さらに、食品グレードのガスの需要は、食品の真菌や微生物による汚染を防ぎ、それによって貯蔵寿命を延ばすため、大幅に増加することが目撃されており、市場の成長を促進すると予想されます。

世界の食品グレードのガス市場は、タイプ、アプリケーション、エンドユーザー、および地域に分割されます。タイプによって、市場は二酸化炭素、窒素、酸素などに分類されます。用途に応じて、冷凍・冷蔵・包装・炭酸化に分類されます。エンドユーザーに基づいて、飲料、肉およびシーフード、パッケージ製品に分類されます。地域ごとに、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、およびLAMEA全体で分析されます。

世界の食品グレードのガス市場で活動している主要企業には、Air Liquide SA、Air Products and Chemicals、Inc.、Air Water Inc.、Coregas Pty Ltd.、Coregas Pty Ltd.、Gulf Cyro、Linde Plc。、SOL Group、Taiyoが含まれます。日本酸素ホールディングス、マッシーガスプロダクツ(トリニダード)株式会社、メッサーグループGmbH。

利害関係者にとっての主な利点
•このレポートは、2018年から2026年までの世界の食品グレードのガス市場の現在の傾向、推定、およびダイナミクスの定量分析を提供し、一般的な市場機会を特定します。
•この調査は、主要な推進要因、制約、および機会に関連する情報を提供します。
•ポーターの5つの力の分析は、利害関係者が利益志向のビジネス上の決定を下し、サプライヤーとバイヤーのネットワークを強化できるようにするバイヤーとサプライヤーの可能性を浮き彫りにします。
•市場細分化の詳細な分析は、一般的な市場機会を決定するのに役立ちます。
•各地域の主要国は、グローバル産業への収益貢献に応じてマッピングされています。
•マーケットプレーヤーのポジショニングは、ベンチマークを容易にし、マーケットプレーヤーの現在の位置を明確に理解します。
•レポートには、地域および世界の市場動向、主要プレーヤー、市場セグメント、アプリケーション領域、および成長戦略の分析が含まれています。

主要な市場セグメント
タイプ別
o二酸化炭素
o窒素
oその他

割引を受けるには:https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/13346

アプリケーション別
o凍結と冷却
oパッケージングと炭酸化

エンドユーザー別
o飲料
o肉とシーフード
oパッケージ製品

Related Articles

Close