世界

40カ国近くが国連で中国の人権政策を批判している| 国連における中国の39の最大の包囲、この問題の包囲

ニューデリー:中国は世界最大のプラットフォームで叱責されています。 国連で自国の香港、チベット、ウイガーのイスラム教徒の人権を破壊することについて長い間批判に直面してきた中国に対する国連条約は、39カ国に声を上げさせた。

国連サミットでは、共産党政府は、中国の人事政策と中国のマイノリティグループとの取引をめぐって、約40の西側諸国から激しい攻撃を受けました。 特に、中国は新疆ウイグル自治区とチベット自治区の人権政策をめぐる騒動に直面しなければなりませんでした。 火曜日に開催された大会は、最近香港で施行された新たに争われた国家保安法の影響について深刻な懸念を引き起こした。

また読む-IPL2020:このU-19スターはIPLでデビューしました、これまでの道のりを知っています

統治の意図からの質問:アメリカ(米国)、日本(日本)、そしてヨーロッパ諸国(EU)もまた、中国の拡張主義的議題と国連プラットフォームからの関連分野における不当な中国の干渉に不満を表明している。 すべての国が一致して、中国がこれらすべてを行うことを許可されるべきか、それとも誰もがそれを止める方法を見つけることを主張すべきかどうかを述べた。

新疆ウイグル自治区の拘置所に対する懸念:国連人権高等弁務官ミシェル・バチェレを含むすべての国が、ウイグル人イスラム教徒による中国の拘置所の迫害および北京の座り込みによる他の少数民族コミュニティの迫害について懸念を表明している。 全面的な包囲がありました。

北京の態度を変える試みとして、国連人権委員会の会議に参加した国々は共同声明を発表し、中国に人権政策に焦点を合わせ、マイノリティコミュニティの抑圧を止め、彼らの態度を改善するよう求めた。

香港法に対する中国の包囲は、香港に適用される物議を醸している中国の安全保障法を香港の司法への干渉と呼び、数年前の中国の約束が損なわれないようにすることで状況を正常化することを求めている。 香港で共同声明が発表された後、ドイツの国連大使クリストフ・ホーゲンは、香港には人権への大きな希望があると述べました。 これは、中国のウイガーイスラム教徒にとっても大きな希望です。

米国、日本、およびすべてのヨーロッパ諸国は、国際オブザーバーを新疆ウイグル自治区に派遣することを提唱し、中国に香港の独立を回復するよう要請したが、北京の全天候型パートナーであるパキスタンもここで中国を支援した。

生放送

Related Articles

Close