Uncategorizedビジネス世界健康理科

APAC自動車牽引インバーター市場の競争力のある風景、地理学による洞察、および成長の機会

APAC自動車牽引インバーター市場

P&S Intelligenceは、新しい調査レポート「自動車用トラクションインバーター市場:2030年までの世界の産業分析と予測」を発表しました(世界の自動車用トラクションインバーター市場は、予測期間(2020〜 2030年)に驚異的な成長を遂げると予測されています)。電気自動車(EV)バッテリーから交流(AC)への直流(DC)により、車両を推進します。トラクションインバーターは、1回の充電でカバーされる距離と車両の全体的なパフォーマンスに直接影響します。この成長は主に世界のさまざまな地域でEVとハイブリッド電気自動車(HEV)の途方もない需要。今後数年間で車両排出制限に関連する基準の増加と新しい内燃エンジン(ICE)車両の販売の削減に関連する目標は、世界を後押しすると予測されています市場)。”

地理的に、自動車用トラクションインバーター市場は北米に分類されます。ヨーロッパ;アジア太平洋(APAC);ラテンアメリカ、中東、アフリカ(LAMEA)。これらすべての地域の中で、APACは、主に中国、日本、韓国でHEVとBEVの高い生産と販売を行っているため、自動車用トラクションインバーター市場で最大のシェアを占めています。たとえば、中国の電気自動車の売上高は2018年に110万台でした。

サンプルレポートの取得リクエスト@ https://www.psmarketresearch.com/market-analysis/automotive-traction-inverters-market/report-sample

自動車用トラクションインバーター市場の競争環境

世界の自動車用トラクションインバーター市場は現在、デンソー、三菱電機、ロバートボッシュGmbH、アプティブplc、コンチネンタルAG、日立製作所などの主要企業が主導しています。これらの企業は現在、競争上の優位性を獲得するためのパートナーシップを形成しています。

レポートは、国ごとの自動車用トラクションインバーター市場分析をカバーしています。レポートの対象となる主要国には、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、ノルウェー、スウェーデン、オランダ、ロシア、イタリア、中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、南アフリカ、およびUAE

この市場調査レポートは、自動車用トラクションインバーター市場の包括的な概要を提供します。

この研究はカバーします

  • 自動車用トラクションインバーター市場の歴史的および現在の規模
  • 2020年から2030年の期間の予測による市場の将来の可能性
  • 市場を推進する主な要因と短期、中期、長期の影響
    市場の制約と短期、中期、長期の影響
  • 市場参加者のための最近の傾向と進化する機会
  • 市場セグメントの歴史的および現在のサイズとそれらの比較将来の可能性を理解する
  • オンデマンドロジスティクスサービスの可能性があるため、市場のプレーヤーは製品の販売について十分な情報に基づいて決定を下します
  • 利害関係者の市場機会を明らかにするための、いくつかの地域の主要国にわたるさまざまな市場セグメントの競争シナリオ
Tags
Close